会社案内
ごあいさつ
創業以来、住まいや生活に特化したレンタル・リースを主に時代のニーズを担う商品・サービスを展開してまいりました。おかげさまで現在、レンタル・リース事業は、営業当初に注力してまいりましたマンスリーマンション以外に社宅・寮・官舎、モデルルームに対し商品やサービスを提供できる事業に広がり、新たにマンスリーマンションのリネン交換・ハウスクリーニング・物品販売というサポート業務やモデルルームのコーディネートの分野で実績を残せるようになりました。弊社はこの現状に満足せず、今後も、皆様に価値ある商品やサービスを提供できるよう、社員一同努力を続けてまいります。
また、2010年12月には、(予防)福祉用具貸与(販売)の事業所を大阪府より指定されフィットケア介護サービスの名称にて介護・福祉分野へ事業を展開するとともに、環境・省エネ・エネルギー分野へ進出すべくレンタル利用を含めたLED照明の普及に努めております。今後とも私たちレンタブルワンにご期待下さい。

                                      代表取締役 松本 英行
上に戻る
            
経営理念
Supporting Your Quality Life
物や資産は所有することから、利用する価値へと変化している現在、
私たちは新しい商品やサービスを絶えず創造することを通じて、人が主役の豊かな生活を実現してまいります。
この使命を遂行するため、お客様の声を積極的に拾い上げ、仕事を通じて関わる人々と強い信頼関係を築き、時代の要求にいち早く対応していきます。
上に戻る
コンセプト
レンタル・リースなどのサービスを通じて、モノと資産のベストな活用法を実現します。
今、モノや資産の価値は、「所有」から「活用」に変わりつつあります。効率を求める進化の著しい現代、より効率的な業務や充実した暮らしを実現するためには、モノや資産は所有するのではなく、用途に合わせて活用してこそ価値が生まれます。レンタブルワンでは、レンタル・リースなどのサービスを通じて、このような時代のニーズをキャッチアップし、社会の求めるハイグレードなソリューションを提供しています。
   
一人ひとりに合った問題解決法を提案します。
私達の持つ商品・サービスを用いて新たな企画を提案します。
お客様の声やニーズを積極的に拾い上げます。
新たなる価値を創造し、提案します。
 
上に戻る
会社概要
商 号 株式会社レンタブルワン
設 立 2005年(平成17年)2月15日
資本金 6,700万円
代表者 代表取締役 松本 英行
拠点所在地
免許番号
   (予防)福祉用具貸与(販売)事業所
フィットケア介護サービス
事業者番号 2779402045

  古物商許可番号 第621061800989号 大阪府公安委員会
(平成18年7月18日)
電気通信事業者 E20-3032

 
  古物商許可番号 第301000607796号 東京都公安委員会
(平成18年7月5日)

URL www.rentableone.co.jp
www.karitoco.com (ECサイト)
取引先
  大東建託株式会社、株式会社長谷工ライブネット、三井物産株式会社、スターツコーポレートサービス株式会社、株式会社宅都、京都府教員互助会、ココロカ株式会社、新明和工業株式会社、東急リバブル株式会社、ミサワホーム近畿株式会社、日本通運株式会社、株式会社類設計室、株式会社エコロジーホーム、株式会社中央ビル管理、オリンパス株式会社 他(順不同、敬称略)
 
  三菱電機ライフサービス株式会社、株式会社富士通ゼネラル、株式会社ドウシシャ、マルコマ株式会社、不二貿易株式会社、株式会社大谷悦造商店、日本通運株式会社、株式会社ジャパンクイックサービス、株式会社日本電工、東芝エルイーソリューション株式会社、エスタッフ株式会社、センコー株式会社、岡山県貨物運送株式会社 他(順不同、敬称略)
関連会社 株式会社ソーシャルアセット/株式会社ソーシャルライフ
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 船場中央支店
商工組合中央金庫 船場店
近畿大阪銀行 堀江支店
事業内容 1.家電・家具のレンタル・リース・販売
2.インテリアのレンタル・リース・販売
3.店舗・オフィス家具の販売
4.家電・家具の輸入及び、通信販売
5.上記商品を利用した不動産のバリューアップに関する商品企画・開発
6.福祉・介護用品のレンタル・リース及び、販売
7.ホテル・マンスリーマンションなどの清掃業務、リネンサプライ
8.LED照明の輸入及び、販売・提案・施工
上に戻る
コンセプト
青を基調とする落ち着いたデザインで、企業理念である”安心”と”信頼”を表現しています。「one」の文字にある球体は”(お客様にお届けする)荷物”をモチーフとし、球体を楽しさや喜びを感じさせるオレンジにすることで、”お客様に心から喜んでいただけるモノ(=one)をご提供する”ことを意味しています。
上に戻る